日本初ゴンドラ連続式液体凍結装置(特許出願中)
圧倒的な処理スピードと高品質な凍結品質を実現!

まずはこちらの動画をご覧ください

ゴンドラ連続式液体凍結装置の特長

連続処理なので高効率・省力化が実現できます

商品が入った樹脂コンテナをゴンドラへ段積みして入れるだけです。
凍結が完了した商品は樹脂コンテナのまま冷凍庫などで保管することも可能。詰め替えの手間などが必要ないため省力化が実現できます。
コンテナに収まる商品であれば形状を選びません。
使用するゴンドラ寸法等はお客様の用途に合わせてオーダー製作いたします。

温度ムラが少なく安定した温度

段積みされた樹脂コンテナを収容した各ゴンドラはエタノール製剤溶液の凍結槽内を浸水しながら移動します。
槽内の溶液はポンプによる循環および撹拌機により常に安定した凍結温度を保ち凍結ムラが発生しません。
また、エタノール溶液の持ち出しロスを抑えるため出口ではスリットノズル・エアブローにより液切りしています。
食品用エタノール製剤溶液を使用しているため安全性が高く衛生面でも安心です。

商品の品質向上

氷結晶生成帯の通過スピードが遅く細胞を破壊してしまうエアーブラスト方式と比較し、熱伝導率が圧倒的に高い液体による凍結は氷結晶による細胞破壊が極少です。
凍結保存における素材・風味低下の最大要因である凍結時の細胞破壊を大幅に防ぐことによりドリップが低減され、発色・風味ともに生に近い品質で解凍することができます。

高級鮮魚、刺身、揚げ物、焼き物、果実・農産物のIQFほか様々な食材の冷凍が可能です。

ゴンドラ連続式液体凍結装置仕様例

ゴンドラ連続式液体凍結装置 SF-1160H オールSUS仕様

ゴンドラ連続式液体凍結装置 SF-1160H仕様

機械寸法:L16100mm W2290mm H2870mm
重  量:18,000Kg(満水時)
凍結用冷媒:エタノール(59%溶液)
電  源:3相200V 50/60Hz 21.23KW
エアー量:0.7Mpa 40L/min
冷媒液循環座:150A 10Kフランジ 2ヶ所
特許情報:特許出願中:特願2016-150898

※ 処理能力、冷凍能力はお打ち合わせにより決定

お問い合わせ

食品加工製造機械、食品工場設備でお困りのことはありませんか?
お気軽にご相談ください。
長年の経験で培った各種機械の知識と技術力で御社の悩みを解決します。