急速液体凍結の自動処理ができるベルト式連続液体凍結装置が新登場!
急速液体凍結の自動処理ができるベルト式連続液体凍結装置が新登場!

高品質な凍結を連続&大量処理することで好評を得ているソニックフリーザーですが、ゴンドラ連続式に加え、ベルト式連続液体凍結装置(特許取得済み)が新登場しました。

ベルト式連続液体凍結装置

ベルト式連続液体装置はプラスチックモジュールによる上下ベルト方式を採用することにより、含気または液体浸漬に向かない食材等も上ベルトで抑え込んだ状態でブライン液に漬け込むことが可能となりました。上コンベア位置の上下調整、フライト(仕切り板)およびサイドガードの高さや位置を変更することにより、様々な凍結品の厚みや寸法への対応が可能です。

凍結装置入口手作業またはシャトルコンベア、ロボットアームなどによりベルト上に商品を配置します。ベルトには商品寸法に合わせた仕切りがあり安定します。
凍結装置入口
凍結装置内部商品は上下ベルトに挟まれ常に一定した状態で凍結完了。槽内の2次冷媒はスーパージェットフローシステムにより対流攪拌され冷凍効率を高めています。
凍結装置内部
凍結装置出口凍結が完了した商品は連続的に自動排出されます。また、オートベルトテンション機構によりプラスチックベルトの伸縮が自動調整されています。
凍結装置出口

 

液体凍結は、エアーブラスト方式と比較すると10~20倍の速度での凍結処理が可能となり、凍結保存における素材 ・風味低下の最大要因である凍結時の細胞破壊を防ぎます。
これによりドリップが大幅に低減され、発色・風味ともに凍結前に近い品質で解凍できる高品質な冷凍保存を行うことができます。
凍結グラフ
高品質な凍結を実現するためには、細胞内の水分が凍る-1℃から-5℃の温度帯「最大氷結晶生成温度帯」を素早く通過させて氷の結晶を小さくする必要があります。
肉や魚、植物の細胞は約20~30ミクロンですが、気体式の凍結は凍結速度が遅く、細胞内部に発生する氷の結晶が約100~200ミクロンにも成長してしまうため細胞破壊によりドリップが流出してしまいます。

ソニックフリーザーは圧倒的な凍結スピードにより、氷の結晶は約5ミクロンと小さく細胞を壊しません。

ソニックフリーザーの特徴

ソニックフリーザーの利用例

 

ベルト式連続液体凍結装置は自動処理・ライン化に最適な超急速凍結装置です

装置への投入にシャトルコンベアー等を利用することで全自動投入・排出が可能です
凍結装置上流に同方式のボイルクール装置を備えることにより、加熱~冷却~凍結処理まで全自動での処理が可能です
※非自動化、脱気製品の液体凍結はゴンドラ連続式液体凍結装置もございます。

ベルト式連続液体凍結装置

 

今まで凍結を諦めていた商品でも液体凍結であれば可能かもしれません

他社商品との差別化・高付加価値など新たな商品の可能性を広げてみませんか?
凍結試験を手軽に行うことができる液体凍結試験用レンタル機もご利用ください。

レンタル用の液体凍結試験装置凍結試験用レンタル機

色々な商品を凍結して可能性を広げてみませんか?

ベルト式連続液体装置ベルト式連続液体装置

自動化が可能なベルト式が新登場!特許取得済

ゴンドラ連続式液体凍結機ゴンドラ連続式液体凍結機

連続式の液体凍結装置は弊社だけです!

 

このようなお悩みはありませんか?
凍結品質が低下している凍結品質が低下している
生産効率が悪い生産効率が悪い
ランニングコストを抑えたいランニングコストが高い
HCFCフロンを使用しているHCFCフロンを使用

 

ソニックフリーザーを導入するチャンスかもしれません

氷結晶生成帯の通過スピードが遅く細胞を破壊してしまうエアーブラスト方式と比較し、熱伝導率が圧倒的に高い液体による凍結は氷結晶による細胞破壊が極少です。

凍結保存における素材・風味低下の最大要因である凍結時の細胞破壊を大幅に防ぐことによりドリップが低減され、発色・風味ともに生に近い品質で解凍することができます。

日本唯一の連続式液体凍結装置の施工事例
連続式液体凍結装置

日本初の連続式液体凍結装置SH-1160H
ゴンドラ式による圧倒的な処理スピードと高品質な凍結品質を実現!
解凍時のドリップが極めて少ない高品質な凍結をハイスピード&大量処理で実現する連続式液体凍結装置
低ランニングコストと省力化も併せ持ちながら、省スペース・低コストで導入可能です

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事